Q

減感作療法って何ですか?いつからするのがいいのですか?(花粉症・食物アレルギー)

公開 2019/02/25 22:27   |    更新 2020/01/09 19:03
アレルギーの原因となっている物質の抗原成分を抽出した治療用エキスを、少量より投与し徐々に増やしてゆくことで、過剰なアレルギー反応を改善し、アレルギーの起こりにくい体質・状態へと変えてゆく治療法です。原因となる抗原に対するIgE抗体が陽性であることが必要条件です。スギ花粉症では、スギ花粉シーズンが終わってからの6月から11月が治療開始となります。ダニアレルギーでは、時期は関係なく治療開始できます。また、幼児期に耐性が獲得できなかった鶏卵、牛乳、小麦などによる食物アレルギーでは、経口免疫療法という脱感作療法を行う場合もあります。専門の施設で行われていますので食物アレルギー専門医にご相談ください。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る