Q

口腔アレルギー症候群ではすべての果物を除去しなければいけませんか?

公開 2019/02/25 22:27   |    更新 2020/01/07 13:22
口腔アレルギー症候群とは、果物や野菜の摂取により、唇や口の中のかゆみ、ヒリヒリ感、腫れなどがみられるものです。シラカバやハンノキ花粉に陽性の花粉症に合併することが多く、大抵は口腔の症状だけですが、稀にアナフィラキシーをきたすこともあります。予防は原因となる果物の摂取を控えることです。ただし、熱を加えたりした加工品は食べられることが多いです。花粉によって反応する食品は分かっていますので、主治医と相談して『必要最小限の原因食物の除去』を心がけるといいでしょう。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 口腔アレルギー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る