Q

ぜん息の診療で呼気 NO検査をどう活用したらよいですか?

公開 2019/03/12 20:11   |    更新 2019/03/13 10:00
未治療でFeNO高値の場合にはステロイド薬の有効性を予測する指標となり、治療下でも症状が残りFeNOが高値の場合にはアドヒアランス不良やICS投与量が不十分な可能性があります。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る