Q

ぜん息の診療で呼吸機能検査はどう活用したらよいですか?

公開 2019/03/12 20:11   |    更新 2019/03/13 10:00
同じ患者さんでも急性期と寛解期では1秒量が異なり、変化する。気道可逆性試験で喘息の診断の目安となるので活用する。また少なくとも1年に1回実施することで、呼吸機能の低下が進行ないことを確認します。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る