Q

ぜん息発作が出た時に家庭でできることや受診のタイミングを教えてください。

公開 2019/03/12 20:11   |    更新 2019/03/13 10:00
早期に気道収縮を解除することが望ましく、家庭では短時間作用性β2刺激薬吸入などを速やかに開始することが望ましい。この治療は1時間に3回まで(20分おきに)行い、以降は1時間に1回を目安に吸入する。これらの治療効果が得られない場合には早期受診をするように指導しております。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る