Q

ぜん息の病気の仕組みはどのようになっていますか?

公開 2019/03/12 20:11   |    更新 2019/03/13 10:00
ぜん息はアレルギー反応によって起こる気管支の炎症と考えられ、発作のない時でも炎症がくすぶっています。発作がない時でも気管支の炎症が改善していないので、常に発作が起こりやすい状態にあります。これを改善するには、原因となるアレルギーの原因物質を避け、気道炎症を鎮める吸入薬や内服薬を継続する必要性があります。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る