Q

子どもがどのような症状を呈した時に、エピペンを打ったらよいのでしょうか。

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
重篤なアナフィラキシー症状(皮膚・粘膜症状と呼吸器症状など複数の臓器で症状が出ること)を呈した場合にはエピペンの使用適応となります。ここで言う呼吸器症状とは「息が吸えない」などの呼吸困難、「ゼーゼー」などのぜん息様の症状、犬が吠えるような咳、声がれなどの症状を指します。さらに、消化器の症状(繰り返し吐き続ける、持続する強い我慢のできないお腹の痛み)や、全身の症状(唇や爪が青白い、脈を触れにくい・不規則、尿や便を漏らす、意識がもうろうとしている、ぐったりしている)などの場合には、エピペンを打たないと生命の危険の可能性が高くなります。

詳しくは日本アレルギー学会ホームページ アナフィラキシーQ&A(http://www.jsaweb.jp/general/qa_anaphylaxis_con.html)、アナフィラキシー対策フォーラム(http://www.anaphylaxis.jp/index_flash.html)を参考にしてください。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 口腔アレルギー
  • 食物アレルギー
  • ハチ毒アレルギー
  • アナフィラキシー
  • 金属アレルギー
  • ラテックスアレルギー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る