Q

鶏卵・牛乳・小麦について、加工食品に含まれるアレルゲンの量を把握して「食べられる範囲」を指導する方法を教えてください。

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
加工食品中のアレルゲンの量とは、その食品に含まれるアレルゲンの蛋白質量のことです。アレルゲンの蛋白質量に合った摂取可能な加工食品に換算したり、資料などを利用して「食べられる範囲」を指導していきます。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る