Q

食物アレルギーをもったまま思春期から成人期に移行していく患児に対するアドバイスを教えてください。

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
思春期以降の食物アレルギーは、新規発症例を含め自然耐性を獲得することが少なく、現時点では確率された治療方法がありません。対症療法と、症状を起こさないことを前提とした必要最小限の食物除去が重要です。個人のライフスタイルにあった生活指導、適切な治療が求められます。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る