Q

ぜん息がある場合に運動してもよいですか?

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
喘息があっても適切に対応すれば運動制限は必要ありません。運動誘発喘息がある場合は、運動15分前に短時間作用性β2刺激薬の吸入、長期管理として吸入ステロイド薬やロイコトリエン受容体拮抗薬の使用を行います。薬物以外の予防手段としては、ウオーミングアップ、インターバルトレーニング等があります。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る