Q

ぜん息が治りにくいのはどういう場合ですか?その場合、どのように対応したらよいですか?

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
難治性喘息は、治療薬のコンプライアンスが不良、繰り返す抗原の曝露、受動喫煙、気道感染、胃食道逆流、慢性副鼻腔炎などが影響します。これらの原因に対して適切な介入を行い、長期管理薬の併用でも治療効果不十分の症例では、体重20Kg以上の小児にヒト化抗ヒトIgEモノコローナル抗体製剤であるオマリズマブの追加治療が効果的である。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 気管支喘息

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る