Q

アナフィラキシーは、何故、起こるのですか?

公開 2019/02/25 22:27   |    更新 2019/02/27 15:45
アレルギーの発症にはIgE抗体が関わります。アレルゲンに反応するIgE抗体(抗原特異的IgE抗体)が、体内に侵入したアレルゲンに結合し、アレルゲンの情報をアレルギーの細胞(肥満細胞)に情報を伝えます。肥満細胞からはアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)の産生されますが、過剰にな反応を起こすとアレルギー物質が反応した臓器ごとに有害な反応を引き起こします。これをアナフィラキシーと呼び、特に血圧低下や意識障害といった重篤な症状を起こす状態をアナフィラキシーショックと呼びます。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • アレルギー性鼻炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 花粉症
  • 口腔アレルギー
  • 咽頭アレルギー
  • 食物アレルギー
  • じんま疹
  • アトピー性皮膚炎
  • 乳児湿疹
  • 気管支喘息
  • 咳喘息
  • アトピー咳嗽
  • ハチ毒アレルギー
  • アナフィラキシー
  • 金属アレルギー
  • 薬剤アレルギー
  • ラテックスアレルギー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る