Q

「エピペン」使用は15㎏以上とありますが、15㎏以下の子どもがアナフィラキシーショックを起こしたときは、それに代わる物はありますか?

公開 2019/04/07 19:52   |    更新 2019/04/09 21:18
ショックを起こしたときは、それに代わる物はありますか?
アナフィラキシーショックの場合には、第一にエピペンの成分であるエピネフリン(アドレナリン)が必要です。ショックではないアナフィラキシーの場合、他の内服薬もありますが、状況によっては15㎏以下でも「エピペン」が処方される場合もあります。お子さんの状況にあわせた対応を主治医と十分に確認しておくことが大切です。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 口腔アレルギー
  • 食物アレルギー
  • ハチ毒アレルギー
  • アナフィラキシー
  • 金属アレルギー
  • ラテックスアレルギー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る