Q

食物アレルギーは治ることがあるのでしょうか?

公開 2019/04/24 13:12   |    更新 2019/04/24 18:32
新生児・乳児消化管アレルギー 新生児期・乳児期早期に主に牛乳が原因となり発症する食物アレルギーです。症状は血便、嘔吐、下痢などが出現します。治療には特殊なミルクを使用します。多くの症例では1歳までに耐性を獲得するとされています。
食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎 生後3ヶ月以内に痒みを伴う顔面の指針で始まり適切な治療を行っても改善がみられないのが典型です。必要最小限の食品の除去を行います。早期に耐性を獲得させるためにも早期の診断介入が大切です。
即時型症状 即時反応は乳児期から成人まで全ての年齢で起こりえます。乳児期発症では自然に官界することが多いですが、学童成人期の発症ではかんかいすることは少ないとされます。
食物依存性運動誘発アナフィラキシー 特定の食物摂取に運動負荷が加わることによってアナフィラキシー症状が誘発されるタイプのアレルギーです。一度発症すると耐性の獲得は難しいとされます。
口腔アレルギー症候群 口腔粘膜に限局したIgE抗体を解した即時型アレルギー症状です。花粉と交差抗原性のある果物が原因になることが多いです。耐性の獲得は難しいとされます。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る