Q

食物アレルギーを治す薬はありますか?

公開 2019/04/24 13:12   |    更新 2019/04/24 18:32
新生児・乳児消化管アレルギー 新生児期、乳児期早期に主に牛乳が原因となり発症する食物アレルギーです。症状は血便・嘔吐・下痢などの消化器症状が主です。治療には特殊なミルクを用います。多くの症例は1歳までに耐性を獲得します。
食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎 生後3ヶ月以内に顔面の掻痒の強い湿疹で始まり適切なスキンケアや外用療法を行っても改善されないのが典型的です。食物除去によって治療を行います。早期に耐性をもたせるために早期の対応が求められます。
即時型症状 学童、成人期に発症した場合は耐性の獲得は難しいですが、乳児期発症の場合は一般的には耐性が獲得しやすいとされています。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る