Q

食物経口負荷試験はどうやって行うのですか?

公開 2019/04/24 13:12   |    更新 2019/04/24 18:32
経口負荷試験の実施可能な医療機関で原因食物・年齢・重症度に応じて適切な負荷量を設定します。入院又は外来で単回もしくは複数回に分けて摂取します。症状が誘発されなければ次のステップの量の負荷試験に進んでいきます。おおむね年齢に応じた1回食事量の摂取を最終目標にします。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る