Q

食物経口負荷試験はどのように行うのですか

公開 2019/04/24 13:12   |    更新 2019/04/24 18:32
果から総負荷量を決め、それを一度に、もしくは2~4回に分割して食べます。例として、まず総量の1/3を食べ、症状が出なければ、30分~1時間後に残りの2/3を食べます。最終負荷から2時間は症状が出ないか注意して観察します。症状が出れば、その時点で負荷試験は終了になり、必要に応じて治療を行います。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る