Q

食物アレルギーがある場合、どの位の頻度で検査を受けるのが望ましいでしょうか。

公開 2019/04/24 13:12   |    更新 2019/04/24 18:32
小児に多い鶏卵・牛乳・小麦・大豆のアレルギーでは、3歳までに約50%、6歳までに約80~90%が食べられるようになり、除去の必要がなくなります。このような食物アレルギーでは、だいたい6か月毎に診断を見直し、可能な限り除去解除を目指すため検査結果を参考に食物経口負荷試験を検討します。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • 食物アレルギー
  • アナフィラキシー

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る