Q

アレルギー性結膜炎には、どの様な治療が有りますか?

公開 2019/02/25 22:27   |    更新 2019/02/27 15:45
アレルギーを引き起こす原因となる抗原の回避、点眼薬(抗アレルギー薬、ステロイド薬、免疫抑制薬)などがあります。ただし、免疫抑制薬はアレルギー性結膜疾患の中で、重症の結膜炎である春季カタルに対する治療となります。まずは抗アレルギー薬を、1日4回程度使用することが多いです。効果が出にくいときは、作用の異なる抗アレルギー薬を追加し、それでも症状が出る場合は、ステロイド薬を使用します。
また、重症例では抗ヒスタミン薬の内服をしたり、結膜の乳頭増殖などがある場合は、ステロイドの結膜下注射や外科的切除を行うことも、稀ですがあります。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • アレルギー性結膜炎

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る