Q

アレルギー性結膜炎の治療の副作用には、どんなものが有りますか?

公開 2019/02/25 22:27   |    更新 2019/02/27 15:45
ステロイド点眼薬の副作用として、白内障や緑内障があります。そのため漫然と長期に使用せず、症状があるときのみ使用するのが原則となります。また内服薬では、抗ヒスタミン薬による眠気が代表的な副作用です。運転や細かい作業などに従事する際は内服を控えるなどの工夫が必要です。ステロイド薬の内服では、点眼と同様の白内障や緑内障に加えて、血圧上昇や糖尿病、骨粗鬆症、精神異常といった副作用が起こることがあります。医師の指示を守って正しく使用することが大切です。

この回答はお役に立ちましたか?

関連する疾患
  • アレルギー性結膜炎

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る