検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果1 - 4件め/4件中
  1. 時間帯によらず、鼻水が止まらないという時点で、何らかの鼻炎ではあると思われます。一般的には朝と夜だけ鼻水が多い場合は、血管運動性鼻炎やダニに対するアレルギー性鼻炎の可能性が高いですが、最終的な診断はそれ以外の問診内容や検査結果によります。
  2. 眼瞼炎及び角結膜炎、春季カタルによる眼のかゆみが出現します。こすったり叩いたりする刺激を慢性的に繰り返すことにより、白内障、網膜剥離などを起こすこともあります。
  3. ステロイドは腎臓の上にある副腎皮質で作られるホルモンのうち、糖質コルチコイドという成分を合成した薬です。炎症をしずめ、アレルギーや免疫を抑える効果があり、気管支喘息を初めとしたアレルギー疾患のほか、膠原病、腎臓病、皮膚病など、さまざまな病気の治療薬として使われています。経口ステロイドの副作用は、どの位の量を、どの位の期間飲むかによって違います。少量の場合や短期間の場合はそれほど心配いりません。しか...
  4. 2歳以下の乳幼児に対しては、発汗・除脈などの全身性の副作用が出やすいので使ってはいけません。それ以上の幼児に対しては使う場合は、長期に使うと逆に鼻づまりが悪化するので、1日に1~2回を、1週間程度の使用にとどめるようにしましょう。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る