検索フィルタが適用されました
アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の症状や原因などの解説ページをご覧いただけます。

山梨大学アレルギーセンター疾患別メニュー "アレルギー性鼻炎"へリンクします。

アレルギー性鼻炎について
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果1 - 15件め/91件中
  1. 喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギーは呼吸器内科、耳鼻咽喉科、アレルギー性結膜炎や春季カタルなどは眼科、小児の食物アレルギーは小児科、金属アレルギーや蕁麻疹などは皮膚科などで検査ができます。山梨大学アレルギーセンターはすべてのアレルギー疾患に対応しています。 当センターの予約・診療について以下となります。 アレルギーセンターホームページ 予約・診療について...
  2. 親のアレルギー体質は遺伝すると考えられますが、どの程度の割合で遺伝するのかは、はっきりしていません。生活環境でもアレルギー疾患は発症しますので、一概にアレルギーがすべて遺伝のせいではないので注意してください。
  3. 正常な方にエピペンを誤って打ってしまった場合には、ほてり感、心悸亢進(心臓がドキドキすること)などの症状が起こりますが、あくまでも一時的です、15分程度で元の状態に戻ります。エピペンの注射液の主成分はアドレナリン(あるいはエピネフリン)と呼ばれ、われわれの体内にある副腎髄質というところで作られるホルモンの一種です。緊張・興奮したときにドキドキする原因の体内物質です。
  4. ダニアレルゲンの除去は気管支喘息や通年性アレルギー性鼻炎のコントロールに重要です。原因となるのはヒョウヒダニの糞や虫体の成分です。寝具類や絨毯・布製カーペットなどに多くいます。布団を干すだけではダニは死にません。また殺しただけでも糞や虫体の成分は残りアレルギー症状はよくなりません。3ヶ月に1回程度50℃の乾燥機で30分ダニを死滅させ、その後洗浄し乾燥させ掃除機をかけます。普段の掃除機かけは週に1回...
  5. アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくに比べアレルギー性鼻炎は自然治癒が少ない慢性のアレルギー疾患です。近年低年齢で発症し、一度発症すると成人まで持ち越し日々の生活に支障をきたします。比較的若い方の病気ですが、60歳台までは症状が続きその後は次第に軽くなっていく方が多いようです。
  6. 耳鼻咽喉科あるいはアレルギー専門医の在籍する医療機関の受診をお勧めいたします。アレルギー専門医についてはインターネットで調べることができます。
  7. 一概には言えません。アレルギーが原因でアナフィラキシーとなり死亡する事もあり得ますが、一方でアレルギー疾患があると悪性腫瘍になりにくいというデータもあります。
  8. アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎などが主な原因として考えられます。アレルギーが原因の場合はアレルゲンを特定し、環境整備や薬物療法、手術療法、また近年では舌下免疫療法などの根治的な治療があります。慢性副鼻腔炎の場合は薬物療法や手術療法の適応となります。まずは近くの耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。
  9. エピペンの誤使用の例としては安全コックを外した後にいじっていて指にさしてしまったり、投与時に逆さに持ってしまい、指に針が刺さってしまった報告が数例あります。くれぐれも持ち方に気をつけて、針が出てくる側には指などをあてがわないように気をつけてください。なお、現在我が国では、エピペンを使用して生命にかかわるような事故が発生した報告はありません。
  10. 治療の基本は原因物質(抗原)の除去と回避です。ダニアレルギーではダニの多い環境の整備(寝具、じゅうたん、ぬいぐるみなどのダニを減らす)、花粉症では外出時にマスクやメガネの着用、服についた花粉を家の中に持ち込まない、晴れた日は洗濯物を外に干さないなどの花粉回避対策が必要です。薬物療法では、眠気の少ない(非鎮静性)抗ヒスタミン薬とアレルギー炎症を抑える鼻噴霧ステロイド薬が効果的です。手術では鼻づまりを...
  11. 過去にアナフィラキシーに陥り、医療機関などでアドレナリンの注射を受けたことがある方が、医師からの薦めあるいは患者、保護者からの希望により処方されている場合が多いと思われます。エピペンの処方を受けている方は、「アナフィラキシーの既往があり、症状の進展が早く時間的な猶予がない方、致死的なアナフィラキシーを経験されている方、近隣の医療機関が遠く緊急時にすぐに対応してもらえない方」などのが多いと思います。...
  12. アレルギー疾患になりやすい体質は遺伝すると考えられていますが、生まれたあとの環境要因も大きく影響するため、必ずしも全く同じように発症するわけではありません。予防のためには、原因物質が体内に侵入しないようにできる範囲で環境整備をすることが効果的です。
  13. アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、血管運動性鼻炎やその他の鼻炎が原因として考えられます。まずは、お近くの耳鼻咽喉科で相談されることをお勧めします。
  14. 一度発症した花粉症の自然治癒はごく稀と言われています。アレルギー疾患の有病率も、アトピー性皮膚炎や気管支喘息は年齢とともに低下しているのに対し、花粉症では上がっていきます。したがっていかに花粉症と上手につきあっていくかがポイントです。症状がないか軽い状態(寛解状態)を長く保つことです。舌下免疫療法などのアレルゲン免疫療法は、スギ花粉エキスを体内に取り込み体質を改善させる治療法で、治癒または症状を軽...
  15. 教職員がエピペンを使用するのは緊急時の対応であるため、事前の依頼書や同意書の作成は必要ありません。ただし、事前に医師や保護者とエピペンの取り扱いについて話し合い、情報を共有しておきましょう。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る