検索フィルタが適用されました

アレルギー性鼻炎の症状や原因などの解説ページをご覧いただけます。

山梨大学アレルギーセンター疾患別メニュー "アレルギー性鼻炎"へリンクします。

アレルギー性鼻炎について
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果1 - 15件め/20件中
  1. 喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギーは呼吸器内科、耳鼻咽喉科、アレルギー性結膜炎や春季カタルなどは眼科、小児の食物アレルギーは小児科、金属アレルギーや蕁麻疹などは皮膚科などで検査ができます。山梨大学アレルギーセンターはすべてのアレルギー疾患に対応しています。 当センターの予約・診療について以下となります。 アレルギーセンターホームページ 予約・診療について...
  2. ダニアレルゲンの除去は気管支喘息や通年性アレルギー性鼻炎のコントロールに重要です。原因となるのはヒョウヒダニの糞や虫体の成分です。寝具類や絨毯・布製カーペットなどに多くいます。布団を干すだけではダニは死にません。また殺しただけでも糞や虫体の成分は残りアレルギー症状はよくなりません。3ヶ月に1回程度50℃の乾燥機で30分ダニを死滅させ、その後洗浄し乾燥させ掃除機をかけます。普段の掃除機かけは週に1回...
  3. 一概には言えません。アレルギーが原因でアナフィラキシーとなり死亡する事もあり得ますが、一方でアレルギー疾患があると悪性腫瘍になりにくいというデータもあります。
  4. 花粉症は、一度発症してしまうと自然寛解することは稀です。治療は、症状に応じて内服薬や鼻噴霧ステロイド薬などを用いる対症療法が基本となります。また、鼻づまりや鼻汁を改善する目的で手術療法が行われる場合もあります。さらに、根本的な治療としてアレルゲン免疫療法(皮下注射法や舌下投与法)があります。免疫療法の特徴は症状の改善のみならず睡眠や仕事への支障が改善されることです。手術療法や免疫療法の詳細について...
  5. アレルギーの原因となっている物質の抗原成分を抽出した治療用エキスを、少量より投与し徐々に増やしてゆくことで、過剰なアレルギー反応を改善し、アレルギーの起こりにくい体質・状態へと変えてゆく治療法です。原因となる抗原に対するIgE抗体が陽性であることが必要条件です。スギ花粉症では、スギ花粉シーズンが終わってからの6月から11月が治療開始となります。ダニアレルギーでは、時期は関係なく治療開始できます。ま...
  6. アレルギー素因のある方は、年齢と共に感作数が増加し、いわゆる多重感作の状態になることがあります。例えば、ダニのみに感作されていた方がスギ花粉に感作され花粉症を発症したりします。その後、その他の花粉に感作がすすみ、さらにシラカンバやハンノキ花粉に感作がすすむと花粉・食物アレルギーを発症します。最近は、小児の多重感作が増えてきています。ダニの舌下免疫療法で感作数の増加を抑制できたという報告もあり、今後...
  7. 分かっていないことも多いですが、世界的にアレルギー疾患が増加傾向であることは間違いありません。
  8. 小児のアレルギーには、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息など様々なアレルギーが年齢とともに発症する自然経過があり、アレルギーマーチと言われています。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は早期に現れるアレルギーで、その後アレルギー性鼻炎や気管支喘息を発症してゆく可能性があります。乳幼児期のスキンケアーによって、改善できる可能性が示唆されています。
  9. 部屋を加湿することで、空気中の花粉が水分を吸着して舞い上がらなくなります。また、鼻や喉の粘膜の潤いを保ち、症状を抑えることができます。ただし、加湿し過ぎるとダニやカビの繁殖を活性化させてしまう恐れがあります。加湿器を使う場合は、タンク内での細菌の繁殖を防ぐよう、定期的な清掃などを心がけて下さい。
  10. 花粉症でよく処方される抗ヒスタミン薬の一部では、眠気や口の渇きといった副作用が知られています。全身性の副作用が少ない点鼻薬でも、市販の点鼻薬では使い続けると逆に鼻づまりがひどくなるものもあります。薬によって起こり得る副作用は異なりますので、医師や薬剤師に相談するようにしてください。
  11. 花粉症には、花粉の本格飛散開始時期あるいは症状が出てすぐの時期(あるいはその少し前)から治療を開始する初期治療が重要となります。症状が軽いうちから治療を行うことで、重症化を抑えることができます。花粉が飛び始める時期は、地域やその年によって異なるため、インターネットの情報などをご参考にしていただくとよいと思います。
  12. スギやヒノキほどではありませんが、日本では花粉症の原因となる多くの樹木や草花が知られています。春であればハンノキやシラカンバ、夏から秋にかけてはイネ科のカモガヤやキク科のブタクサ、ヨモギが代表的です。医療機関では、自分が何の花粉症を持っているのか検査を受けることができます。
  13. 2歳未満のお子様にはお勧めできません。5歳未満のお子さんについては、慎重に判断する必要があります。コントロール不良の気管支喘息がある方、他の疾患でステロイドを内服している方、抗がん剤を使用している方、治療開始時に妊娠している方、降圧薬(β遮断薬)を内服中の方などです。β遮断薬は、重症の副作用(アナフィラキシーショック)を起こした際にアドレナリン(β刺激薬)を使用しますが、アドレナリンの効果を邪魔し...
  14. 通常の薬物療法であれば、花粉症の診療をしている近くの医療機関で問題はないと思います。手術療法を希望される場合は、耳鼻咽喉科専門医を受診する必要があります。また、舌下免疫療法などのアレルゲン免疫療法を希望される場合は、できる施設が限られていますので、インターネット等で近くの免疫療法が可能な施設を調べて受診することをおすすめします。なお、山梨大学付属病院アレルギーセンターでは、舌下免疫療法の導入療法を...
  15. (舌下免疫療法)スギとダニで多少違いますが、3割負担で舌下免疫療法の薬剤だけではおよそ月1500円前後です。これにアレルギー性鼻炎の通常の薬物療法(内服薬や鼻噴霧ステロイド薬など)が必要な場合はその薬代や診察代が加わり、およそ月2000~3000円くらいです。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る