検索フィルタが適用されました
OAS(口腔アレルギー症候群)
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果1 - 15件め/41件中
  1. 喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギーは呼吸器内科、耳鼻咽喉科、アレルギー性結膜炎や春季カタルなどは眼科、小児の食物アレルギーは小児科、金属アレルギーや蕁麻疹などは皮膚科などで検査ができます。山梨大学アレルギーセンターはすべてのアレルギー疾患に対応しています。 当センターの予約・診療について以下となります。 アレルギーセンターホームページ 予約・診療について...
  2. 正常な方にエピペンを誤って打ってしまった場合には、ほてり感、心悸亢進(心臓がドキドキすること)などの症状が起こりますが、あくまでも一時的です、15分程度で元の状態に戻ります。エピペンの注射液の主成分はアドレナリン(あるいはエピネフリン)と呼ばれ、われわれの体内にある副腎髄質というところで作られるホルモンの一種です。緊張・興奮したときにドキドキする原因の体内物質です。
  3. 一概には言えません。アレルギーが原因でアナフィラキシーとなり死亡する事もあり得ますが、一方でアレルギー疾患があると悪性腫瘍になりにくいというデータもあります。
  4. エピペンの誤使用の例としては安全コックを外した後にいじっていて指にさしてしまったり、投与時に逆さに持ってしまい、指に針が刺さってしまった報告が数例あります。くれぐれも持ち方に気をつけて、針が出てくる側には指などをあてがわないように気をつけてください。なお、現在我が国では、エピペンを使用して生命にかかわるような事故が発生した報告はありません。
  5. 過去にアナフィラキシーに陥り、医療機関などでアドレナリンの注射を受けたことがある方が、医師からの薦めあるいは患者、保護者からの希望により処方されている場合が多いと思われます。エピペンの処方を受けている方は、「アナフィラキシーの既往があり、症状の進展が早く時間的な猶予がない方、致死的なアナフィラキシーを経験されている方、近隣の医療機関が遠く緊急時にすぐに対応してもらえない方」などのが多いと思います。...
  6. 各学校設置者(教育委員会等)、学校及び調理場が地域や学校の状況に応じた食物アレルギー対応方針やマニュアル等を策定する際の参考となる資料として、基本的な考え方や留意すべき事項等を具体的に示し、学校や調理場における食物アレルギー事故防止の取組を促進することを目的として作成された。
  7. アレルギー疾患になりやすい体質は遺伝すると考えられていますが、生まれたあとの環境要因も大きく影響するため、必ずしも全く同じように発症するわけではありません。予防のためには、原因物質が体内に侵入しないようにできる範囲で環境整備をすることが効果的です。
  8. 皮膚の赤みや、かゆみ、むくみなど皮膚症状、咳や喘鳴、息苦しさなどな呼吸器症状、腹痛・吐き気や嘔吐、下痢など消化器症状にあわせて、血圧低下や意識障害を伴うショック症状が起こります。
  9. 重篤なアナフィラキシー症状(皮膚・粘膜症状と呼吸器症状など複数の臓器で症状が出ること)を呈した場合にはエピペンの使用適応となります。ここで言う呼吸器症状とは「息が吸えない」などの呼吸困難、「ゼーゼー」などのぜん息様の症状、犬が吠えるような咳、声がれなどの症状を指します。さらに、消化器の症状(繰り返し吐き続ける、持続する強い我慢のできないお腹の痛み)や、全身の症状(唇や爪が青白い、脈を触れにくい・不...
  10. エピペンはDEY社(http://www.dey.com/)より供給され、国内ではファイザー株式会社から販売されています。 エピペンに関する情報はファイザー株式会社ホームページ(http://www.epipen.jp/)...
  11. 平成21年3月より、アナフィラキシーで生命が危険な状態にある方があらかじめエピペンを処方されていた場合、救急救命士がエピペンを注射することが可能となりました。
  12. 救急救命士がエピペンを携帯しているわけではありません。体重や既往症等に応じて使用量が変わるため、原則として、アナフィラキシーで生命が危険な状態にある方本人に処方されているエピペンを使用します。
  13. 口腔アレルギー症候群とは、果物や野菜の摂取により、唇や口の中のかゆみ、ヒリヒリ感、腫れなどがみられるものです。シラカバやハンノキ花粉に陽性の花粉症に合併することが多く、大抵は口腔の症状だけですが、稀にアナフィラキシーをきたすこともあります。予防は原因となる果物の摂取を控えることです。ただし、熱を加えたりした加工品は食べられることが多いです。花粉によって反応する食品は分かっていますので、主治医と相談...
  14. 口腔アレルギー症候群は、食物摂取によってひきおこされ、唇や口の中にかゆみ、ヒリヒリ感、腫れがみられます。時にのどがしめつけられる感覚が生じたり、稀にアナフィラキシーをきたすこともあります。原因食物は果物・野菜が主です。花粉症を合併することが多く、これは果物・野菜の抗原と花粉抗原との間に共通抗原性が存在するためです。
  15. まずは原因となっている食べ物を食べるのをやめてください。場合によっては危険なアレルギー性の全身反応を起こす可能性があります。そのうえで病院を受診して診断をしてもらってください。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る