検索フィルタが適用されました
薬剤アレルギー

薬剤アレルギーの症状や原因などの解説ページをご覧いただけます。

山梨大学アレルギーセンター疾患別メニュー "薬剤アレルギー"ページへリンクします。

薬剤アレルギーについて
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果1 - 15件め/16件中
  1. 喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギーは呼吸器内科、耳鼻咽喉科、アレルギー性結膜炎や春季カタルなどは眼科、小児の食物アレルギーは小児科、金属アレルギーや蕁麻疹などは皮膚科などで検査ができます。山梨大学アレルギーセンターはすべてのアレルギー疾患に対応しています。 当センターの予約・診療について以下となります。 アレルギーセンターホームページ 予約・診療について...
  2. 医薬品、ハチ刺傷、食物などによってアナフィラキシーがおこります。命に関わる重篤な反応を引き起こす可能性があるため、基本的には原因アレルゲンを特定し、再発予防のためにそれを避けるような対応が必要です。また再度起こったときのためにアドレナリン自己注射の処方をしてもらい使い方の指導を受けましょう。
  3. 一概には言えません。アレルギーが原因でアナフィラキシーとなり死亡する事もあり得ますが、一方でアレルギー疾患があると悪性腫瘍になりにくいというデータもあります。
  4. アレルギー疾患になりやすい体質は遺伝すると考えられていますが、生まれたあとの環境要因も大きく影響するため、必ずしも全く同じように発症するわけではありません。予防のためには、原因物質が体内に侵入しないようにできる範囲で環境整備をすることが効果的です。
  5. アレルゲン特異的IgE抗体の測定は、1項目あたり1100円(13項目まで保険適応)、皮膚テストでは1か所あたり160円です。これに受診料等が加わり、最終的な自己負担金額は各々が加入している健康保険の割合となります。なお、アナフィラキシーのエピソードにより、測定項目数が変わりますし、複数回の受診と複数回の検査が必要な場合もあります。また、アナフィラキシーと同じような症状持つ「別の疾患」が疑わしい場合...
  6. アレルギー素因のある方は、年齢と共に感作数が増加し、いわゆる多重感作の状態になることがあります。例えば、ダニのみに感作されていた方がスギ花粉に感作され花粉症を発症したりします。その後、その他の花粉に感作がすすみ、さらにシラカンバやハンノキ花粉に感作がすすむと花粉・食物アレルギーを発症します。最近は、小児の多重感作が増えてきています。ダニの舌下免疫療法で感作数の増加を抑制できたという報告もあり、今後...
  7. 分かっていないことも多いですが、世界的にアレルギー疾患が増加傾向であることは間違いありません。
  8. 小児のアレルギーには、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、気管支喘息など様々なアレルギーが年齢とともに発症する自然経過があり、アレルギーマーチと言われています。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は早期に現れるアレルギーで、その後アレルギー性鼻炎や気管支喘息を発症してゆく可能性があります。乳幼児期のスキンケアーによって、改善できる可能性が示唆されています。
  9. アレルギーの発症にはIgE抗体が関わります。アレルゲンに反応するIgE抗体(抗原特異的IgE抗体)が、体内に侵入したアレルゲンに結合し、アレルゲンの情報をアレルギーの細胞(肥満細胞)に情報を伝えます。肥満細胞からはアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)の産生されますが、過剰にな反応を起こすとアレルギー物質が反応した臓器ごとに有害な反応を引き起こします。これをアナフィラキシーと呼び、特に血圧低下や意識...
  10. ほとんどの場合、症状出現によってはじめてアナフィラキシーとわかります。アレルゲンに特異的なIgE抗体を持っていれば、アナフィラキシーを起こす可能性はあります。 アナフィラキシーの症状には、全身の発疹、皮膚のかゆみ、赤み、口やくちびるの腫れ、目の腫れ、鼻水、鼻づまり、喘息症状、呼吸困難、吐き気、下痢、だるさ等があり、ひどくなると血圧低下や意識障害などに至ります。
  11. 中には影響する薬もあるため、妊娠を希望する場合は主治医の先生と治療方針についてよく相談しましょう。自己判断で薬を中止すると、病状が悪化する危険性があります。お母さんと赤ちゃんにとって最も良い治療を選びましょう。
  12. アナフィラキシーの誘因の確定のため、アレルギー専門医への受診し、十分な問診、アレルゲン特異的血清IgE抗体の測定、皮膚テストを行います。ただし、各種検査で原因がなかなか特定できない場合もあります。
  13. アナフィラキシーは、反応を起こした臓器・器官により症状が異なります。そのため、多種多様の症状があります。皮膚(紅潮、蕁麻疹、血管浮腫など)、呼吸器(鼻閉、鼻汁、咽喉頭違和感、咳嗽)、消化器(腹痛、嘔気、嘔吐)、心血管系(胸痛、頻脈、血圧低下、失神)、中枢神経系(不安、拍動性頭痛、不穏、めまい)などが主に挙がります。そのため、特に初発時は、他疾患との鑑別が重要ですので、症状出現の際のエピソードを十分...
  14. 日本では、小学生0.6%、中学生0.4%、高校生0.3%がアナフィラキシー既往を持つ(平成25年文部科学省)とされます。アメリカの調査では、年間10万人あたり50人ほどのアナフィラキシー発症の報告があります。
  15. エピペンとはアナフィラキシーに対してアドレナリンの自己注射を患者さん本人や保護者の方が病院に行く前にj自己注射できるよう開発されたペン型製剤です。大腿の外側部に注射します。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る