検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果151 - 165件め/389件中
  1. 児童生徒等がエピペンを処方され、携帯している場合、そのエピペンを学校が管理する場合と学校が保管場所を提供しない場合があります。 1.学校が管理する場合  学校や児童生徒等の状況は様々であり、画一的に学校での保管方法を指定することは出来ません。しかし、1)利便性と2)安全性を考慮した上で、それぞれの学校での最善の保管方法を検討する必要があります。 1)利便性...
  2. 食べ物(そば、ピーナッツ、小麦、牛乳など)、薬(鎮痛薬、抗生物質、造影剤など)、昆虫刺傷(ハチ、ムカデなど)、ラテックス、などアレルギーの原因となるもの。食物(小麦や果物)と運動によって誘発されるアナフィラキシーもある。
  3. 最近は気管支喘息と関連した副鼻腔炎が増加しています。また、アレルギー性鼻炎が原因の副鼻腔炎もあります。従って、アレルギーがあると副鼻腔炎になりやすいと言えます。
  4. くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状は共通してますが、風邪の方が発熱やのどの痛み、咳が伴いやすいです。
  5. 原因となる抗原を体内に積極的に取り込むことで身体を慣れさせて、アレルギーの症状を抑える治療法です。
  6. くしゃみ、鼻水、鼻づまりが典型的な3つの症状です。
  7. アレルギー性鼻炎の典型的な症状はくしゃみ発作、鼻水、鼻づまりです。風邪症状と似ており、特に、春の花粉症ではインフルエンザの流行期と重なったりしますので鑑別が困難なこともあります。風邪では咳や咽頭痛、発熱などの症状を合併し1週間程度で治っていきます。しかし副鼻腔炎を合併すると症状が長引き膿性の鼻水となってのどに回ってきます。また頬部の痛みを伴ったりします。花粉症では眼のかゆみを伴い花粉の飛散時期を通...
  8. 鼻水にでてくる炎症細胞(好酸球)を調べる鼻汁細胞診検査、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)に反応するかを調べる皮膚テスト、アレルゲンエキスをしみこませたディスクを鼻の粘膜に置いて反応を見る鼻粘膜誘発テスト、アレルゲンに反応するタンパク質(抗体)を持っているかどうかを調べる血清特異的IgE抗体検査などがあります。
  9. 医療保険3割負担ですと、鼻汁好酸球検査であれば1回45円、血清特異的IgE抗体検査は調べたいアレルギー1項目につき330円必要で、最大13項目まで調べることが可能です。
  10. まずは、アレルギー専門医にご相談いただくのが良いかと思います。アレルギー専門医はインターネットで調べることができます。
  11. 一度花粉症になると自然寛解する方は稀で一生付き合うことになります。舌下免疫療法をはじめとするアレルゲン免疫療法は、長期にわたって症状を落ち着かせることが期待できる唯一の治療法です。まずは近くの耳鼻咽喉科あるいはアレルギー専門医に御相談下さい。アレルギー専門医はインターネットで調べることができます。 
  12. アレルギーの原因となっている物質を、舌の下面から投与することにより、アレルギー症状の改善を目指す治療です。皮膚に注射する皮下免疫療法に比べると、毎日やらなくてはいけないという手間はありますが、全身性の副作用が生じにくいという利点もあります。
  13. 舌下免疫療法は年齢の上限はありませんので、受けることが可能です。
  14. 皮膚を清潔に保つために、毎日の入浴、シャワーを心がけましょう。洗浄力の強い石けんやシャンプーは避け、良く泡立て、素手で、しわを伸ばしながらやさしく洗浄しましょう。洗浄後は保湿剤で皮膚の乾燥を防ぎましょう。ひっかき傷を作らないように、爪は短く切り、また皮膚を掻かないようにしましょう。
  15. 症状の原因となる花粉は数十種類以上知られていますが、代表的なものとしては、樹木花粉であるスギ、ヒノキ、シラカバ、草本花粉であるカモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサなどが知られています。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る