検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果151 - 165件め/389件中
  1. 呼吸器内科、アレルギー内科に相談してください。
  2. 発作が起こった時には、即効性のある吸入β2刺激薬または内服薬が用いられます。発作時に使用するのは定量噴霧式吸入器(サルタノール、アイミロール、メプチンなどのスプレー式の吸入器)とネブライザー吸入器を使う吸入薬(ベネトリン、メプチン)です。これらを早期に使用することで気道狭窄を早期に解除することが大事です。
  3. アレルギー疾患の発症前から、予防的なアレルギー薬の内服は、あまりすすめられません。ただし、小康状態の際の薬剤の使用(例えば気管支喘息の方が定期的にステロイド吸入をしたり、慢性アレルギー性鼻炎の方が、定期的にステロイド点鼻をしたり)は、疾患によって行われますので、十分かかりつけの医師との相談が必要です。
  4. 主に小児喘息の方が行います。冷水を含んだタオル等を絞り、身体にこすりつけて摩擦を行います。代謝等の活性化が促されるとされます。重症な方は、十分かかりつけの医師と相談するようにしてください。
  5. 妊娠および授乳中の母親の食生活の工夫(特定のものを積極的に食べる、あるいは、特定のものを食べない、乳酸菌などのプロバイオティクスやオリゴ糖などのプレバイオティクス、葉酸などのサプリメントを使用するなど)をしても、子どもの食物アレルギーは予防できないと考えられています。 引用元: 食物アレルギー研究会
  6. 環境要因としては、微生物の暴露によるものとする衛星仮説による因子と、栄養因子が考えられており、同胞数、分娩方法、生後早期の感染症罹患、ビタミンD、不飽和脂肪酸等が報告されています。遺伝要因としては、家族歴、性差、人種差、HLA...
  7. 食物アレルギーの診断において、まず正確な診断が不可欠であり、問診は最も重要な位置を占めます。また必要最小限の食物除去を行うためには、保護者からの訴えを聞くだけでなく、医療者側から積極的に情報を聞き出すことが非常に重要です。
  8. 担任と保健室の先生には、きちんと現在の症状を説明し、発作時の対応(薬の飲み方、病院受診の基準、家族への連絡方法など)を相談しておく必要があります。また、学校行事にはなるべく参加できるように、修学旅行や宿泊学習、運動会などの時は、前もって主治医と相談し、対策を講じておくのがよいでしょう。
  9. 旅行先での発作の不安を少しでもなくすために、(1)旅行先の小児救急病院を調べておく、(2)体調を整えておく、(3)主治医と発作時の対応について相談しておく、などの準備をしておくとよいでしょう。登山やハイキングは、救援を受けにくいため頓服薬の携行を忘れないでください。また、花火の煙や、硫黄ガスが発生している場所は発作を誘発するので、避ける必要があります。飛行機を利用するときにも、機上で発作が起こった...
  10. 喘息では咳喘息や週に1回以上発作を起こす軽症喘息から慢性的に症状がある持続型喘息に至るまで重症度は様々です。しかしいずれの場合も、喘息の本態である気管支の炎症を抑えるために早期から吸入ステロイド薬を中心にした治療を開始、継続することが症状の改善に有効であることがわかってきました。早期の治療開始によって、日常生活の制限の改善、発作に伴う入院日数の減少、救急外来受診回数の減少、呼吸機能の改善、重症化の...
  11. 検収時(加工食品で今まで使用されている製品でも原材料の変更がないか等)、調理時(使用前の材料、調理中のとりわけ、完成後のラップ、食器と献立表の照合)、受け渡し・配膳時(対応食ごとの食札と献立表の照合)といった行程ごとに複数人での目視、指差し、声出しによるチェックが必要です。
  12. かかりつけ医に相談して、経口負荷試験を行っている施設に紹介してもらいましょう。なお、負荷試験を行っている施設は、「食物アレルギー研究会」のホームページで検索できます。
  13. 牛乳を飲んで下痢をする乳糖不耐症や、いたんで細菌・ウイルスの増殖した食品、鮮度が落ちてヒスタミンを多量に含む魚などを食べて起こる食中毒は、アレルギー反応によって起こるわけではないので食物アレルギーではありません。
  14. 鶏卵は加熱によりアレルギーを起こす力が弱くなるので、加熱卵が食べられる場合でも生卵や半熟卵には注意が必要です。牛乳・乳製品は加熱や発酵処理をしてもアレルギーを起こす力はほとんど変化しません。食品により変化が異なるため、それぞれの原因食について主治医の先生に確認してみて下さい。
  15. 食物アレルギーの診断では、摂取時の症状や症状出現時間、運動の有無などの詳細な問診を行い、原因食品の検討をします。特定の食品による明らかな症状出現エピソードがあり、IgE抗体検査が陽性の場合には食物アレルギーの可能性が高いと考えられます。しかし、IgE抗体検査が陽性でも食物摂取による症状を示さないこともあり、これらの検査だけでは食物アレルギーの診断をすることはできません。最終的には食物経口負荷試験で...

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る