検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果166 - 180件め/389件中
  1. 鼻の症状としては、くしゃみ、鼻水(水様性鼻汁)、鼻づまりが主な症状です。多くの患者様では、眼のかゆみや流涙、充血、眼やになど目の症状もみられます。頭痛、皮膚のかゆみ、発赤や、全身倦怠感、胃腸症状、微熱等の全身症状がみられる方もいます。
  2. 気管支喘息は遺伝的要因と環境要因の相互作用の結果として発症します。
  3. 気管支喘息は患者さんの症状や呼吸機能検査、アトピー素因の存在などを総合的にみて判断します。
  4. 気管支喘息はアレルゲン以外でも、様々な刺激に反応して症状を引き起こします。たばこ、線香、花火の煙、冷たく乾いた空気、急激な運動、健康な人には影響しないような低濃度の化学物質刺激(ヒスタミン、メサコリン、アセチルコリン等)がよく知られています。気管支の反応性を気道過敏性といいます。重症喘息ほど気道過敏性が亢進しています。
  5. 喘息発作後はしばらく気道過敏性が亢進します。この時期には環境整備を行い、アレルゲン曝露を少なくすることや吸入ステロイドを使用して気道炎症をコントロールすることが重要です。
  6. 気管支喘息発作時の気道は、気道炎症による浮腫や痰が多く出ている状況です。気道浮腫で気道狭窄が起きている場所に痰が多いとさらに苦しくなります。この時には短時間作用型気管支拡張剤を使用することで気道狭窄が改善され、痰が出しやすくなりますので試してみてください。
  7. 喘息治療は基本治療の吸入薬から内服薬などを組み合わせて使用します。患者様毎に選択する治療は異なります。様々な治療を介入しても改善しない場合には近年、モノクロナール抗体を使用するケースもあります。これらは重症喘息で使用します。
  8. 気管支喘息は症状のない時にも気道炎症が存在します。普段より吸入薬を用いて気道炎症を取る必要がありますので継続することが重要です。
  9. アルコールの分解酵素のアセトアルデヒドはヒスタミン遊離作用がありこれが原因で喘息が悪化する可能性もあります。コントロールが良好な場合には少量の飲酒は問題ないと思われますが、過度な飲酒には気をつけた方が良いです。
  10. NSAIDs過敏に関して気をつける必要があります。使用できない鎮痛剤があります。COX-1阻害作用をもつNSAIDsにより強い気道症状を発症する可能性高いので注意が必要です。
  11. まずは、横になって安静にしてください。できれば、下肢(足)を少し持ち上げていただくと良いです。歩かせたり、おぶったりしないでください。もし手元に内服薬(抗ヒスタミン薬)がある場合、可能であれば内服させて下さい。軽い鼻炎のような症状や皮膚症状、軽い吐き気や腹痛のみであれば安静にして経過絵を見て下さい。腹痛や吐き気が強くなったり、ヒューヒュー、ゼーゼーなどの呼吸器症状やぐたりした様子が見られれば、すぐ...
  12. 妊娠および授乳中の母親の食生活の工夫(特定のものを積極的に食べる、あるいは、特定のものを食べない、乳酸菌などのプロバイオティクスやオリゴ糖などのプレバイオティクス、葉酸などのサプリメントを使用するなど)をしても、子どもの食物アレルギーは予防できないと考えられています。 引用元: 食物アレルギー研究会
  13. アレルギー疾患に対して、学校生活を送る上で特別な配慮が必要な児童生徒(保護者)が提出します。アレルギー疾患に関して医師から診断されており、医師も配慮が必要であると認めた場合は、学校関係者と保護者がその詳細を話し合って学校での対応を決めるようにします。「アレルギーがあり、学校生活での特別な配慮が必要な方」の保護者には、管理指導表を主治医に記入してもらい、学校に提出するよう保護者に促してください。(就...
  14. 管理指導表で食物アレルギーの診断根拠の箇所に「IgE抗体等検査結果陽性」のみで、多数の原因食物の申請がなされている場合に該当します。...
  15. 対応の方法(特別食が必要か、除去だけなのか)や、使用する食材を別途購入する必要があるかどうかなどによって必要となる材料費が違いますが、基本は学校給食を管轄する教育委員会の判断となります。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る