検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果376 - 389件め/389件中
  1. 原因となる薬剤の使用をただちに中止すれば、多くはすぐに症状が治まります。しかしステロイド薬による白内障や緑内障の場合、重症例では手術が必要となることがあり、特に注意が必要です。
  2. 一般的には原因物質(抗原)の暴露により症状が出ます。花粉症であれば、昼間や夕方に花粉が多いですし、通年性アレルギー性鼻炎であれば、寝具周りに抗原の多いため、布団に入ると悪化することもあります。また、モーニングアタックといって、朝方に症状を強く認めることもあります。
  3. ACTを用いることで患者さんの状態がわかります。受診時に実施することで症状の改善、悪化を判断するのに有用です。
  4. 患者様毎にかかる費用は異なります。医師にご相談ください。地域によっては医療費助成が受けられます。
  5. 気管支喘息は症状のない時にも気道炎症が存在します。普段より吸入薬を用いて気道炎症を取る必要がありますので継続することが重要です。
  6. コントロール状況を判断する指標としてはACT(喘息コントロールテストが有用です。
  7. 喘息発作は、程度により小発作、中発作、大発作に分類します。呼吸の状態やSpO2、ピークフローなどを参考に判断します。
  8. 薬を使わなくても発作は全く起こらない。健常人と変わらない生活ができ、学校生活や校外活動、職場の仕事に普通に参加できる。5年以上、薬を使わないでも発作は全く起こらないし、肺機能も正常である。などの目標がありますので医師と目標を決めてみてください。
  9. コントロールが不良の場合には必ずご本人様の受診が大事です。しかし仮に自分では喘息の調子が良いと思っていてもピークフローなどは低下していることもあります。必ず自身で定期的な受診をすることを勧めます。
  10. 気管支喘息は症状のない時にも気道炎症が存在します。普段より吸入薬を用いて気道炎症を取る必要がありますので継続することが重要です。
  11. 気管支喘息は気温、天候や気圧の変化などの影響を受けます。天気予報にも注意する必要はあります。
  12. 良好な喘息のコントロールを行うためには、普段のぜん息発作と治療の経過がわかる情報が必要です。ある期間内にどの程度の発作が何回起きたか、ピークフロー値がどのように変化したかなどをもとに、ぜん息の重症度を判定します。それらの症状に合わせて薬を増減することで、よりよい治療が組み立てることができます。ぜひ正確な発作状況を記載して、受診時には必ず持参して主治医に普段の状況を把握してもらってください。
  13. 授乳中の母親の除去は不要のことが多いです。
  14. 母親の食事制限の有効性は証明されていないため、推奨されません。極端な食事制限によって栄養不足になる可能性もあるため、医師や栄養士と相談しながら偏った食事は避けてバランスよく栄養を摂るようにしましょう。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る