検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果31 - 45件め/389件中
  1. 治療の基本は原因物質(抗原)の除去と回避です。ダニアレルギーではダニの多い環境の整備(寝具、じゅうたん、ぬいぐるみなどのダニを減らす)、花粉症では外出時にマスクやメガネの着用、服についた花粉を家の中に持ち込まない、晴れた日は洗濯物を外に干さないなどの花粉回避対策が必要です。薬物療法では、眠気の少ない(非鎮静性)抗ヒスタミン薬とアレルギー炎症を抑える鼻噴霧ステロイド薬が効果的です。手術では鼻づまりを...
  2. 血圧上昇や心拍数増加による動悸、頭痛等があります。動脈硬化や高血圧が進行している高齢者においては、脳血管障害や心筋梗塞等もあり得ますが、小児における副作用は比較的軽微と考えられます。
  3. 「エピペン」を注射すべき状況の場合は、搬送よりも注射を優先するべきです。また、注射後には必ず医師の診断が必要です。搬送中に「エピペン」が必要になることもあるので、「エピペン」が処方されているのであれば、使用の有無にかかわらず病院へ持参して下さい。
  4. 薬剤によるアナフィラキシーである場合、処方してもらった医療機関へ連絡し、指示を仰いで下さい。原因が分からない場合や、緊急をようする場合は、すぐに救急車を要請し、救急当番の医療機関受診していただければ、緊急の対応は可能です。
  5. 主に嗄声とカンジダ症が副作用としてあります。
  6. 皮膚の赤みや、かゆみ、むくみなど皮膚症状、咳や喘鳴、息苦しさなどな呼吸器症状、腹痛・吐き気や嘔吐、下痢など消化器症状にあわせて、血圧低下や意識障害を伴うショック症状が起こります。
  7. 卵は加熱すれば食べられる場合があります。大豆アレルギーでも味噌、醤油は食べられる場合があります。加熱や発酵によりタンパク質の構造が変化したり、分解されたりするためです。ただし、すべての人が食べられるわけではありません。また、すべての食品においてタンパク質の構造が変化したり分解されたりするわけではありません。食べる前に必ずかかりつけ医にご相談下さい。
  8. アレルギーの原因となっている物質の抗原成分を抽出した治療用エキスを、少量より投与し徐々に増やしてゆくことで、過剰なアレルギー反応を改善し、アレルギーの起こりにくい体質・状態へと変えてゆく治療法です。原因となる抗原に対するIgE抗体が陽性であることが必要条件です。スギ花粉症では、スギ花粉シーズンが終わってからの6月から11月が治療開始となります。ダニアレルギーでは、時期は関係なく治療開始できます。ま...
  9. 救急救命士がエピペンを携帯しているわけではありません。体重や既往症等に応じて使用量が変わるため、原則として、アナフィラキシーで生命が危険な状態にある方本人に処方されているエピペンを使用します。
  10. ステロイド薬やテオフィリン薬などの静脈内注射を、患者さんの状態に応じて行います。
  11. かゆみなどの症状には抗アレルギー作用のある点眼や内服で加療し、症状を予防したり軽減したりします。アレルギーの反応を起こさないように、根本を改善する方法にはアレルゲン免疫療法(減感作療法や脱感作療法)があります。舌下免疫療法製剤や皮下注射法製剤などがあります。
  12. 教職員がエピペンを使用するのは緊急時の対応であるため、事前の依頼書や同意書の作成は必要ありません。ただし、事前に医師や保護者とエピペンの取り扱いについて話し合い、情報を共有しておきましょう。
  13. アレルギー疾患になりやすい体質は遺伝すると考えられていますが、生まれたあとの環境要因も大きく影響するため、必ずしも全く同じように発症するわけではありません。予防のためには、原因物質が体内に侵入しないようにできる範囲で環境整備をすることが効果的です。
  14. 食物アレルギーの児に対して不適切な食物除去を行うと栄養素の摂取量が低下し体重増加不良などの栄養障害を引き起こすことがあります。例えば全魚類の除去を行うと、ビタミンDの不足によりくる病をきたすことがあります。また、牛乳の完全除去を行うと、カルシウムの摂取不足による低身長をきたすことがあります。魚アレルギーの児はビタミンDの不足を防ぐために、きのこ類や卵黄などで補うことが多いです、牛乳アレルギーの児は...
  15. アレルギーや冷気も咳喘息の原因となります。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る