検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果31 - 45件め/389件中
  1. 「エピペン」を注射すべき状況の場合は、搬送よりも注射を優先するべきです。また、注射後には必ず医師の診断が必要です。搬送中に「エピペン」が必要になることもあるので、「エピペン」が処方されているのであれば、使用の有無にかかわらず病院へ持参して下さい。
  2. 皮膚の赤みや、かゆみ、むくみなど皮膚症状、咳や喘鳴、息苦しさなどな呼吸器症状、腹痛・吐き気や嘔吐、下痢など消化器症状にあわせて、血圧低下や意識障害を伴うショック症状が起こります。
  3. 学校給食では原則として生卵・半熟卵は出ず、加熱卵しか出ません。そのため、家庭で加熱卵が1個食べられて、加熱卵を使った料理が一通り食べられるなら、給食においても卵除去解除となります(生卵・半熟卵を除く)。
  4. 教職員がエピペンを使用するのは緊急時の対応であるため、事前の依頼書や同意書の作成は必要ありません。ただし、事前に医師や保護者とエピペンの取り扱いについて話し合い、情報を共有しておきましょう。
  5. アレルギーや冷気も咳喘息の原因となります。
  6. 主に小児喘息の方が行います。乾布摩擦を行ったり、水をかぶって鍛えようというものです。重症な方は、十分かかりつけの医師と相談するようにしてください。
  7. 旅行先での発作の不安を少しでもなくすために、(1)旅行先の小児救急病院を調べておく、(2)体調を整えておく、(3)主治医と発作時の対応について相談しておく、などの準備をしておくとよいでしょう。登山やハイキングは、救援を受けにくいため頓服薬の携行を忘れないでください。また、花火の煙や、硫黄ガスが発生している場所は発作を誘発するので、避ける必要があります。飛行機を利用するときにも、機上で発作が起こった...
  8. 一度発症した花粉症の自然治癒はごく稀と言われています。アレルギー疾患の有病率も、アトピー性皮膚炎や気管支喘息は年齢とともに低下しているのに対し、花粉症では上がっていきます。したがっていかに花粉症と上手につきあっていくかがポイントです。症状がないか軽い状態(寛解状態)を長く保つことです。舌下免疫療法などのアレルゲン免疫療法は、スギ花粉エキスを体内に取り込み体質を改善させる治療法で、治癒または症状を軽...
  9. 食物アレルギーの児に対して不適切な食物除去を行うと栄養素の摂取量が低下し体重増加不良などの栄養障害を引き起こすことがあります。例えば全魚類の除去を行うと、ビタミンDの不足によりくる病をきたすことがあります。また、牛乳の完全除去を行うと、カルシウムの摂取不足による低身長をきたすことがあります。魚アレルギーの児はビタミンDの不足を防ぐために、きのこ類や卵黄などで補うことが多いです、牛乳アレルギーの児は...
  10. 食物アレルギーの診療では、日常生活の一部である食べるということの意味を見直す必要があります。食べることには成長発達という側面、心理的側面、社会的側面があり、スキルミクス(多職種協働)がとりわけ重要です。看護師、薬剤師、管理栄養士、医師が情報をやりとりしながら診療を進めることが大切です。
  11. 喫煙は気管支喘息のリスク因子です。タバコの煙がアレルギー症状を引き起こしたり、煙の中に含まれる微粒粒子が刺激となる可能性があります。
  12. 醸造の過程で小麦のタンパク質が分解されるため、原則として醤油を除去する必要はありません(非常に重症な例を除く)。
  13. アレルギーの発症にはIgE抗体が関わります。アレルゲンに反応するIgE抗体(抗原特異的IgE抗体)が、体内に侵入したアレルゲンに結合し、アレルゲンの情報をアレルギーの細胞(肥満細胞)に情報を伝えます。肥満細胞からはアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)の産生されますが、過剰にな反応を起こすとアレルギー物質が反応した臓器ごとに有害な反応を引き起こします。これをアナフィラキシーと呼び、特に血圧低下や意識...
  14. 食べ物(鶏卵、乳製品、小麦、そば、ピーナッツなど)、医薬品(鎮痛薬、抗生物質、造影剤など)、昆虫刺傷(ハチ、ムカデなど)、ラテックス、などアレルギーの原因となるものです。食物(小麦や果物)摂取後に運動することによって誘発される食物依存性運動誘発アナフィラキシーもあります。また、アルコールや鎮痛薬・降圧薬などの医薬品、ストレス、月経などはアナフィラキシーを増悪させる要因となります。
  15. アレルギーの原因となっている物質の抗原成分を抽出した治療用エキスを、少量より投与し徐々に増やしてゆくことで、過剰なアレルギー反応を改善し、アレルギーの起こりにくい体質・状態へと変えてゆく治療法です。原因となる抗原に対するIgE抗体が陽性であることが必要条件です。スギ花粉症では、スギ花粉シーズンが終わってからの6月から11月が治療開始となります。ダニアレルギーでは、時期は関係なく治療開始できます。ま...

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る