検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果46 - 60件め/389件中
  1. ナッツは種類によって原因となるタンパク質が異なるので、一律にすべてのナッツを除去する必要はありません。アーモンド、クルミ、カシューナッツなど、それぞれのナッツについて症状や検査結果から除去するしないの判断がなされます。管理指導表において除去が必要と記載された種類のナッツを除去することになります。
  2. 以下の3点がポイントとなります。 ①現在は対応してくれる施設が増えていますが、安易な対応により、事故につながらないように、特に重症な児童生徒等の場合には丁寧な打ち合わせが必要です。 ②保護者と学校と施設の3者が直接打ち合わせできるのが最も望ましい方法です。...
  3. 食物アレルギーの児に対して不適切な食物除去を行うと栄養素の摂取量が低下し体重増加不良などの栄養障害を引き起こすことがあります。例えば全魚類の除去を行うと、ビタミンDの不足によりくる病をきたすことがあります。また、牛乳の完全除去を行うと、カルシウムの摂取不足による低身長をきたすことがあります。魚アレルギーの児はビタミンDの不足を防ぐために、きのこ類や卵黄などで補うことが多いです、牛乳アレルギーの児は...
  4. 花粉症は、一度発症してしまうと自然寛解することは稀です。治療は、症状に応じて内服薬や鼻噴霧ステロイド薬などを用いる対症療法が基本となります。また、鼻づまりや鼻汁を改善する目的で手術療法が行われる場合もあります。さらに、根本的な治療としてアレルゲン免疫療法(皮下注射法や舌下投与法)があります。免疫療法の特徴は症状の改善のみならず睡眠や仕事への支障が改善されることです。手術療法や免疫療法の詳細について...
  5. 血圧上昇や心拍数増加による動悸、頭痛等があります。動脈硬化や高血圧が進行している高齢者においては、脳血管障害や心筋梗塞等もあり得ますが、小児における副作用は比較的軽微と考えられます。
  6. ステロイド薬やテオフィリン薬などの静脈内注射を、患者さんの状態に応じて行います。
  7. 鶏肉・魚卵は鶏卵と成分が異なるため、鶏卵アレルギーの原因にはなりません。牛肉も牛乳と成分が異なり、牛乳アレルギーの原因にはなりません。主治医と相談して、必要最小限の食物だけを除去しましょう。
  8. 食べ物(鶏卵、乳製品、小麦、そば、ピーナッツなど)、医薬品(鎮痛薬、抗生物質、造影剤など)、昆虫刺傷(ハチ、ムカデなど)、ラテックス、などアレルギーの原因となるものです。食物(小麦や果物)摂取後に運動することによって誘発される食物依存性運動誘発アナフィラキシーもあります。また、アルコールや鎮痛薬・降圧薬などの医薬品、ストレス、月経などはアナフィラキシーを増悪させる要因となります。
  9. 妊娠および授乳中の母親の食生活の工夫(特定のものを積極的に食べる、あるいは、特定のものを食べない、乳酸菌などのプロバイオティクスやオリゴ糖などのプレバイオティクス、葉酸などのサプリメントを使用するなど)をしても、子どもの食物アレルギーは予防できないと考えられています。 引用元: 食物アレルギー研究会
  10. 主に嗄声とカンジダ症が副作用としてあります。
  11. 妊娠および授乳中の母親の食生活の工夫(特定のものを積極的に食べる、あるいは、特定のものを食べない、乳酸菌などのプロバイオティクスやオリゴ糖などのプレバイオティクス、葉酸などのサプリメントを使用するなど)をしても、子どもの食物アレルギーは予防できないと考えられています。また母乳栄養、ペプチドミルク(E赤ちゃん?等)、加水分解乳のいずれも食物アレルギーの予防に効果を認められていません。報告によっては粉...
  12. 特定の乳酸菌やビタミンD摂取でアレルギー発症抑制の可能性が示唆されています。しかし、今後とも十分な研究が必要ですので、どの程度の摂取をどの程度の期間必要か、などのことははっきりしていません。
  13. 食物アレルギーは、食物に含まれているタンパク質の成分に対して免疫が反応してしまうことで起きる病気です。一方食中毒は、食物に付着した細菌やウイルス、食物に含まれた毒そのものを摂取することで起きる病気です。
  14. 発作時に指示された吸入薬を使用して楽になり、効果が長続きするようなら問題ありません。いったん楽になっても、1~2時間のうちにまた症状が再燃する場合には、再度吸入し、これで発作が軽快しない場合は、吸入では治まらない発作と考え、医療機関を受診してください。
  15. 口腔アレルギー症候群は、食物摂取によってひきおこされ、唇や口の中にかゆみ、ヒリヒリ感、腫れがみられます。時にのどがしめつけられる感覚が生じたり、稀にアナフィラキシーをきたすこともあります。原因食物は果物・野菜が主です。花粉症を合併することが多く、これは果物・野菜の抗原と花粉抗原との間に共通抗原性が存在するためです。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る