検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果46 - 60件め/389件中
  1. 日本では、小学生0.6%、中学生0.4%、高校生0.3%がアナフィラキシー既往を持つ(平成25年文部科学省)とされます。アメリカの調査では、年間10万人あたり50人ほどのアナフィラキシー発症の報告があります。
  2. 基本的に結膜充血にかゆみを伴うのがアレルギー性結膜炎の代表的な症状ですが、それだけでは感染性結膜炎は否定できません。ウィルス性結膜炎などでもかゆみを伴うケースもありますので、眼科を受診しましょう。
  3. 基本は原因物質(抗原)の回避なので、花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)であればマスクやメガネなどを使ったり、花粉症の時期は洗濯物は外に干さないなども重要です。通年性アレルギー性鼻炎の方は、ハウスダストの主な原因はヒョウヒダニと言ってヒトの垢などを食べるダニなので、寝具周りに置く存在します。じゅうたんを避ける、寝具はまめに掃除機をかけるなども効果的です。薬物療法としては、内服薬としては抗ヒスタミン薬が...
  4. 雨が降った翌日が晴れであると、花粉飛散が多い傾向にあります。気のせいではありませんので、しっかり対策をとっていただくとよいかと思います。
  5. 通年性アレルギー性鼻炎の原因はハウスダストと言われますが、主なものはヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニといったチリダニになります。それ以外にも、犬や猫などのペットのフケや、ゴキブリやカ、ガなど昆虫の死骸、カビなどが原因になります。花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因としては、日本ではスギ・ヒノキ花粉が最も重要ですが、イネ科のカモガヤ、キク科のブタクサやヨモギの花粉も原因となります。また、シラカン...
  6. 専門の講習を受けた医師の在籍してる医療機関でしか受けることができません。
  7. 治療法によって副作用の種類や頻度が異なります。例えば、ステロイド外用薬については、適切に使用すれば全身的な副作用は少なく、安全性が高いとされています。
  8. 液剤と錠剤があります。手技的には、どちらも、きちんと舌下に保持することが必要です。(1~2分)詳細は医療機関でお尋ねください。注意点としては、3年間以上毎日しっかりと継続することが大切です。また、口腔内の腫れやかゆみなどの副作用が出ることがありますが、対処法について十分に御理解いただく必要があります。
  9. ロイコトリエン拮抗薬は気管支拡張作用と気道炎症作用を有する。単剤では吸入ステロイドと比較して劣るため、主に併用する薬剤として用いられる。
  10. ステロイド薬やテオフィリン薬などの静脈内注射を、患者さんの状態に応じて行います。
  11. 発作時に指示された吸入薬を使用して楽になり、効果が長続きするようなら問題ありません。いったん楽になっても、1~2時間のうちにまた症状が再燃する場合には、再度吸入し、これで発作が軽快しない場合は、吸入では治まらない発作と考え、医療機関を受診してください。
  12. アレルギーは、年々増加の一途をたどり、現在2人に1人は何らかのアレルギー疾患を持っているともいわれます。決して珍しいものではありません。
  13. 主に小児喘息の方が行います。冷水を含んだタオル等を絞り、身体にこすりつけて摩擦を行います。代謝等の活性化が促されるとされます。重症な方は、十分かかりつけの医師と相談するようにしてください。
  14. 妊娠および授乳中の母親の食生活の工夫(特定のものを積極的に食べる、あるいは、特定のものを食べない、乳酸菌などのプロバイオティクスやオリゴ糖などのプレバイオティクス、葉酸などのサプリメントを使用するなど)をしても、子どもの食物アレルギーは予防できないと考えられています。また母乳栄養、ペプチドミルク(E赤ちゃん?等)、加水分解乳のいずれも食物アレルギーの予防に効果を認められていません。報告によっては粉...
  15. 重篤なアナフィラキシー症状(皮膚・粘膜症状と呼吸器症状など複数の臓器で症状が出ること)を呈した場合にはエピペンの使用適応となります。ここで言う呼吸器症状とは「息が吸えない」などの呼吸困難、「ゼーゼー」などのぜん息様の症状、犬が吠えるような咳、声がれなどの症状を指します。さらに、消化器の症状(繰り返し吐き続ける、持続する強い我慢のできないお腹の痛み)や、全身の症状(唇や爪が青白い、脈を触れにくい・不...

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る