検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果76 - 90件め/389件中
  1. 食物アレルギーがある場合でも、基本的に母乳育児を止める必要はありません。また、発症予防のための母親の食物除去は一般的にはすすめられません。
  2. ほとんどの場合、症状出現によってはじめてアナフィラキシーとわかります。アレルゲンに特異的なIgE抗体を持っていれば、アナフィラキシーを起こす可能性はあります。 アナフィラキシーの症状には、全身の発疹、皮膚のかゆみ、赤み、口やくちびるの腫れ、目の腫れ、鼻水、鼻づまり、喘息症状、呼吸困難、吐き気、下痢、だるさ等があり、ひどくなると血圧低下や意識障害などに至ります。
  3. 平成21年3月より、アナフィラキシーで生命が危険な状態にある方があらかじめエピペンを処方されていた場合、救急救命士がエピペンを注射することが可能となりました。
  4. 食べ物(そば、ピーナッツ、小麦、牛乳など)、薬(鎮痛薬、抗生物質、造影剤など)、昆虫刺傷(ハチ、ムカデなど)、ラテックス、などアレルギーの原因となるもの。食物(小麦や果物)と運動によって誘発されるアナフィラキシーもある。
  5. 最近は気管支喘息と関連した副鼻腔炎が増加しています。また、アレルギー性鼻炎が原因の副鼻腔炎もあります。従って、アレルギーがあると副鼻腔炎になりやすいと言えます。
  6. 口腔アレルギー症候群は、食物摂取によってひきおこされ、唇や口の中にかゆみ、ヒリヒリ感、腫れがみられます。時にのどがしめつけられる感覚が生じたり、稀にアナフィラキシーをきたすこともあります。原因食物は果物・野菜が主です。花粉症を合併することが多く、これは果物・野菜の抗原と花粉抗原との間に共通抗原性が存在するためです。
  7. くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状は共通してますが、風邪の方が発熱やのどの痛み、咳が伴いやすいです。
  8. 原因となる抗原を体内に積極的に取り込むことで身体を慣れさせて、アレルギーの症状を抑える治療法です。
  9. 基本的に結膜充血にかゆみを伴うのがアレルギー性結膜炎の代表的な症状ですが、それだけでは感染性結膜炎は否定できません。ウィルス性結膜炎などでもかゆみを伴うケースもありますので、眼科を受診しましょう。
  10. 花粉症には、花粉の本格飛散開始時期あるいは症状が出てすぐの時期(あるいはその少し前)から治療を開始する初期治療が重要となります。症状が軽いうちから治療を行うことで、重症化を抑えることができます。花粉が飛び始める時期は、地域やその年によって異なるため、インターネットの情報などをご参考にしていただくとよいと思います。
  11. アレルギー性鼻炎の正確な罹患数は分かっていません。1998年に全国の耳鼻科医とその家族におけるアレルギー性鼻炎有病率調査では、罹患率は29.8%でした。2008年に同様の調査が行われ、39.4%と増加を認めており今後も増加が予想されます。東京都の疫学調査では、2人に1人はスギ花粉症であるという結果も出ています。
  12. 軽症であれば、抗ヒスタミン薬の内服して安静にして様子を見ていただければよいかと思います。ゼーゼーするなどの症状がであれば、エピペンの処方を受けている方はできるだけ早期に使用し、同時に救急車の要請をしましょう。エピペンをお持ちでない方は、すぐに救急車を要請し、救急当番医を受診して下さい。医療機関受診時は、舌下免疫療法施行中であることやアナフィラキシーリスクのある治療を行なっている旨を伝えることができ...
  13. まずは、アレルギー専門医にご相談いただくのが良いかと思います。アレルギー専門医はインターネットで調べることができます。
  14. 通年性アレルギー性鼻炎の原因はハウスダストと言われますが、主なものはヤケヒョウヒダニやコナヒョウヒダニといったチリダニになります。それ以外にも、犬や猫などのペットのフケや、ゴキブリやカ、ガなど昆虫の死骸、カビなどが原因になります。花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因としては、日本ではスギ・ヒノキ花粉が最も重要ですが、イネ科のカモガヤ、キク科のブタクサやヨモギの花粉も原因となります。また、シラカン...
  15. 子供も花粉症になります。もともと花粉症は中年の女性に多い病気でしたが、最近では小児にも増えており、花粉症の低年齢化がみられます。また一度発症するとなかなか寛解しない病気であり成人まで持ち越すことになります。治療は、マスクやめがねをかけて花粉を鼻に入れない抗原回避が基本で、そのうえで、薬物療法や免疫療法を検討します。特に、舌下免疫療法は体質を改善させ症状の寛解が得られやすい治療法ですので、専門医にご...

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る