検索フィルタが適用されました
提案されたその他の検索
もしかして:
結果が見つかりません。

結果76 - 90件め/389件中
  1. 乳幼児の場合、原因は鶏卵・牛乳・小麦が多く、これらの食材は年齢が進むと食べられるようになることが多いです。一方、学童期から成人の場合は、甲殻類・小麦・果物・魚類・そば・ピーナッツが原因食となり、時間が経っても治りにくい傾向があり、時には生涯にわたって除去を必要とします。
  2. 加工食品では、同じ施設内でアレルギー物質を含む食品の製造・使用があり、ごく微量でも混入してしまう場合、注意喚起の表示を行うことが認められています。基本的にはその食品には含まれないため除去の必要はないですが、主治医の先生に確認しましょう。
  3. 鶏卵は加熱によりアレルギーを起こす力が弱くなるので、加熱卵が食べられる場合でも生卵や半熟卵には注意が必要です。牛乳・乳製品は加熱や発酵処理をしてもアレルギーを起こす力はほとんど変化しません。食品により変化が異なるため、それぞれの原因食について主治医の先生に確認してみて下さい。
  4. 除去により栄養が偏らないように、代替え食品を有効に利用しましょう。 ・鶏卵を除去する場合:タンパク質不足を補うことが必要です。魚介類・肉類・大豆製品・乳製品類を利用しましょう。 ・牛乳を除去する場合:タンパク質・カルシウムを補うことが必要です。カルシウムの補給にアレルギー用粉ミルク・豆乳・豆腐・骨ごと食べられる小魚・海藻を利用しましょう。
  5. 食物アレルギーがある場合でも、基本的に母乳育児を止める必要はありません。また、発症予防のための母親の食物除去は一般的にはすすめられません。
  6. 食物アレルギーは、食物に含まれているタンパク質の成分に対して免疫が反応してしまうことで起きる病気です。一方食中毒は、食物に付着した細菌やウイルス、食物に含まれた毒そのものを摂取することで起きる病気です。
  7. アナフィラキシーの誘因の確定のため、アレルギー専門医への受診し、十分な問診、アレルゲン特異的血清IgE抗体の測定、皮膚テストを行います。ただし、各種検査で原因がなかなか特定できない場合もあります。
  8. 眼瞼炎及び角結膜炎、春季カタルによる眼のかゆみが出現します。こすったり叩いたりする刺激を慢性的に繰り返すことにより、白内障、網膜剥離などを起こすこともあります。
  9. 花粉症は、一度発症してしまうと自然寛解することは稀です。治療は、症状に応じて内服薬や鼻噴霧ステロイド薬などを用いる対症療法が基本となります。また、鼻づまりや鼻汁を改善する目的で手術療法が行われる場合もあります。さらに、根本的な治療としてアレルゲン免疫療法(皮下注射法や舌下投与法)があります。免疫療法の特徴は症状の改善のみならず睡眠や仕事への支障が改善されることです。手術療法や免疫療法の詳細について...
  10. 部屋を加湿することで、空気中の花粉が水分を吸着して舞い上がらなくなります。また、鼻や喉の粘膜の潤いを保ち、症状を抑えることができます。ただし、加湿し過ぎるとダニやカビの繁殖を活性化させてしまう恐れがあります。加湿器を使う場合は、タンク内での細菌の繁殖を防ぐよう、定期的な清掃などを心がけて下さい。
  11. 一般的に、医療機関では、血液検査により原因物質(抗原)に対するIgE抗体を測定する方法が行われます。ただし、IgE抗体を持っていても、必ずしも症状が出るわけではありません。抗原の暴露により症状が出ることが重要です。花粉症であれば、晴れた日に外に出るとくしゃみが出るとか、通年性アレルギー性鼻炎であれば、埃っぽいところで鼻がかゆくなるなど、抗原の暴露により症状が出ていることが最も重要です。
  12. まずは原因となっている食べ物を食べるのをやめてください。場合によっては危険なアレルギー性の全身反応を起こす可能性があります。そのうえで病院を受診して診断をしてもらってください。
  13. 同じ患者さんでも急性期と寛解期では1秒量が異なり、変化する。気道可逆性試験で喘息の診断の目安となるので活用する。また少なくとも1年に1回実施することで、呼吸機能の低下が進行ないことを確認します。
  14. 発作性呼吸困難、咳嗽、喀痰、喘鳴などが症状としてあります。
  15. 呼吸器内科、アレルギー内科に相談してください。

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る