「ハチ毒アレルギー」に関する質問・回答

  • 喘息やアレルギー性鼻炎などの気道のアレルギーは呼吸器内科、耳鼻咽喉科、アレルギー性結膜炎や春季カタルなどは眼科、小児の食物アレルギーは小児科、金属アレルギーや蕁麻疹などは皮膚科などで検査ができます。山梨大学アレルギーセンターはすべてのアレルギー疾患に対応しています。 当センターの予約・診療について以下となります。 アレルギーセンターホームページ 予約・診療について https://yallergy.yamanashi.ac.jp/consultation
  • 正常な方にエピペンを誤って打ってしまった場合には、ほてり感、心悸亢進(心臓がドキドキすること)などの症状が起こりますが、あくまでも一時的です、15分程度で元の状態に戻ります。エピペンの注射液の主成分はアドレナリン(あるいはエピネフリン)と呼ばれ、われわれの体内にある副腎髄質というところで作られるホルモンの一種です。緊張・興奮したときにドキドキする原因の体内物質です。
  • アレルゲン特異的IgE抗体の測定は、1項目あたり1100円(13項目まで保険適応)、皮膚テストでは1か所あたり160円です。これに受診料等が加わり、最終的な自己負担金額は各々が加入している健康保険の割合となります。なお、アナフィラキシーのエピソードにより、測定項目数が変わりますし、複数回の受診と複数回の検査が必要な場合もあります。また、アナフィラキシーと同じような症状持つ「別の疾患」が疑わしい場合は、そちらも精査する必要があり、費用が発生します。
  • 医薬品、ハチ刺傷、食物などによってアナフィラキシーがおこります。命に関わる重篤な反応を引き起こす可能性があるため、基本的には原因アレルゲンを特定し、再発予防のためにそれを避けるような対応が必要です。また再度起こったときのためにアドレナリン自己注射の処方をしてもらい使い方の指導を受けましょう。
  • 一概には言えません。アレルギーが原因でアナフィラキシーとなり死亡する事もあり得ますが、一方でアレルギー疾患があると悪性腫瘍になりにくいというデータもあります。
  • エピペンは研修を受けた医師しか処方することができません。またエピペンはアナフィラキシーの補助治療を目的とした自己注射薬であるため、使用後は直ちに医療機関を受診する必要があります。
  • エピペンの誤使用の例としては安全コックを外した後にいじっていて指にさしてしまったり、投与時に逆さに持ってしまい、指に針が刺さってしまった報告が数例あります。くれぐれも持ち方に気をつけて、針が出てくる側には指などをあてがわないように気をつけてください。なお、現在我が国では、エピペンを使用して生命にかかわるような事故が発生した報告はありません。
  • 過去にアナフィラキシーに陥り、医療機関などでアドレナリンの注射を受けたことがある方が、医師からの薦めあるいは患者、保護者からの希望により処方されている場合が多いと思われます。エピペンの処方を受けている方は、「アナフィラキシーの既往があり、症状の進展が早く時間的な猶予がない方、致死的なアナフィラキシーを経験されている方、近隣の医療機関が遠く緊急時にすぐに対応してもらえない方」などのが多いと思います。なおエピペンは、その安全性や有効性等について事前に講習を受け、登録された医師のみが処方できることとなっています。
  • アレルギー疾患になりやすい体質は遺伝すると考えられていますが、生まれたあとの環境要因も大きく影響するため、必ずしも全く同じように発症するわけではありません。予防のためには、原因物質が体内に侵入しないようにできる範囲で環境整備をすることが効果的です。
  • 「エピペン」を注射すべき状況の場合は、搬送よりも注射を優先するべきです。また、注射後には必ず医師の診断が必要です。搬送中に「エピペン」が必要になることもあるので、「エピペン」が処方されているのであれば、使用の有無にかかわらず病院へ持参して下さい。
「ハチ毒アレルギー」に関する質問・回答をさらに表示

キーワードから探す

アレルギーに関するキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。

例)「ぜんそく」「アトピー」「首がかゆい」「鼻がつまる」…

ページの先頭へ戻る